最終日はさいたまスーパーアリーナで男子フリーがあり、昨年11月のグランプリ(GP)シリーズ・ロシア杯で右足首を痛めて以来の実戦となったショートプログラム(SP)3位の羽生結弦(ANA)は銀メダルだった。フリー2位で、2大会ぶり3度目の優勝はならなかった。SP首位のネーサン・チェン(米)がフリーも1…

無断転載・複製を禁じます