2016年の米大統領選でロシアがトランプ大統領陣営に肩入れした「ロシア疑惑」を巡り、バー司法長官は24日、マラー特別検察官による捜査報告書の「主要な結論」を書簡で議会に報告した。マラー氏は、ロシアとトランプ氏陣営との共謀は「見つからなかった」と結論付けたという。さらに、トランプ氏の司法妨害については判断を見送ったとしている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます