米ボーイングの最新鋭小型機「737MAX」2機が相次ぎ墜落した事故をめぐり、同型機の安全性に「お墨付き」を与えた米連邦航空局(FAA)が、同社や米航空業界と適切な距離を保ってきたのかが問われ始めている。業界が声をそろえて事故後の運航停止を渋ったことも疑念を招いている。規制する側とされる側に、なれ合いはなかったのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます