私をかわいそうだと思いますか――。こんな言葉で、児童養護施設で育った経験を壇上から語りかけ、昨夏の全国高校総合文化祭で弁論部門の最優秀賞に輝いた高校生が、まもなく、大学に進みます。長野県長野西高校の飯田芽生愛(めいあ)さん(18)。その後も様々な場で語り続けてきました。なぜ声をあげるのか。門出を前にききました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます