衆院沖縄3区補選(4月9日告示、21日投開票)で、与野党候補が米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題をめぐって正面から対決する見通しになった。安倍政権が支援する新顔が26日に移設を「容認」と明言。一方で「オール沖縄」勢力が推す新顔は「反対」を掲げている。▼1面参照…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます