鉄道の安全運行をレールの製造販売で支えて98年――。北九州市門司区の九州鉄道機器製造が、切断したレールを使ってブックエンドをつくり、東京の代官山蔦屋(つたや)書店で販売を始めた。「縁の下の力持ち」に徹してきた老舗が、ものづくりをする中小企業の魅力を知ってほしいと、新事業に乗り出した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます