警察が昨年1年間に把握した配偶者などパートナーに対する暴力(DV)の被害は、前年より5027件(6・9%)多い7万7482件に上り、15年連続の増加となった。DV防止法が施行された2001年から統計をとり始めて以降最多だ。ストーカー被害は6年連続で2万件を超えた。警察庁が28日発表した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます