台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統は27日、米国に売却を求めているM1戦車と新型のF16V戦闘機について、「米国の台湾防衛へのコミットメントを世界に示すことになる」と語り、実現に期待した。ワシントンであった保守系シンクタンク「ヘリテージ財団」の会合に、滞在先の米ハワイ州からビデオ中継で参加して講演した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます