受刑者の高齢化に伴う認知症などの課題に対応するため、宮城刑務所(宮城県仙台市若林区)と東北福祉大学(同市青葉区)が26日、包括的な連携協定を結んだ。高齢受刑者の社会復帰や再犯防止に向けた共同研究などを進める。高齢化に焦点を当てた大学と刑務所の連携は全国初という。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます