韓国北部の京畿道(キョンギド)議会は28日、道内の小中高校が一部の日本企業の製品を所持する際、「日本戦犯企業の生産製品」というステッカーを張るのを義務づける条例案について、29日に予定していた第1教育委員会での審議を延期した。共同提案した与党、共に民主党の黄大虎(ファンデホ)議員が明らかにした。条例案には、韓国内でも慎重論が出ていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます