環太平洋経済連携協定(TPP)や欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の発効直後、牛肉や豚肉の輸入が急増している。TPP加盟国からの1月の牛肉輸入と、EUからの2月の豚肉輸入は前年同月比で5割以上増えた。関税引き下げを前に業者が輸入を手控えたことの反動も要因とみられ、関係者は今後の行方を注視し…

無断転載・複製を禁じます