米ボーイングの最新鋭小型機「737MAX」がインドネシアとエチオピアで相次ぎ墜落した問題をめぐり、米議会上院の航空宇宙小委員会は27日、初めての公聴会を開いた。連邦航空局(FAA)幹部が出席し、FAAが同型機の安全性を認めた経緯などについて、「確立された手続きに従った」などと証言した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます