瀬戸内海の島々でも深刻化するイノシシによる農業被害。捕獲されたイノシシの皮を「島シシレザー」として活用し、ギャラリーショップ「Jishac」を開いた移住者がいる。6年前に東京から愛媛県今治市・大三島に移住した重信幹広さん(38)は、これまでに200頭以上のイノシシから「皮」を取り、「革」へと加工してきた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます