学校法人森友学園(大阪市)をめぐる一連の問題で、財務省幹部らを不起訴とした大阪地検特捜部の判断の一部に、検察審査会が待ったをかけた。決裁文書の改ざんを、「一般市民感覚からすると許されない」と、強く非難した。問題発覚から2年余り。地検は再捜査を迫られ、国会での追及も続く。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます