障害がある男女2人の絵画50点余りに売値をつけて出品する展覧会「ふたりの作家の物語」が26日~4月2日、横浜市南区のギャラリー而今艸(じこんそう)である。2人が通う「あーとすたじお源」を運営する福家健彦さん(51)は「障害の有無を別にして作品の市場価値を社会に問いたい」と話す。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます