関西電力がフランスに再処理を委託した原発の使用済み燃料について、関電が現地で製造されたプルトニウムとウランを混ぜたMOX燃料32体を、来年にも日本に搬送する計画であることがわかった。高浜原発3、4号機(福井県)で燃やし、関電が海外に保有するプルトニウム約11トンのうち約1トン分の削減につなげる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます