働き方改革関連法が4月1日に施行され、長時間労働の是正に向けた仕組みが動き出す。企業には社員の残業を減らしたり、有給休暇の取得を促したりすることが求められ、ルールを破ると罰則もある。先行する企業のとりくみをみると、従業員の意欲への配慮などもカギになりそうだ。▼1面参照…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます