昨春の準優勝校、智弁和歌山(和歌山)は31日、明石商(兵庫)との準々決勝で敗れ、25年ぶりの優勝はならなかった。実戦経験の豊富さと言葉でチームを引っ張る主将の黒川史陽(ふみや)君(3年)は「甲子園は甘い場所ではない。日本一の練習をして、日本一を目指します」と雪辱を期した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます