東京電力福島第一原発事故の後、原発が立地する福島県大熊町で3月31日、職員に代わって町の見回りを続けてきた自称「じじい部隊」のメンバー6人が「最後の勤務」を終えた。10日に一部で避難指示が解除され、町内の新しい役場で業務が再開するからだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます