天皇陛下が2010年に退位の意向を周囲に明かしてから9年弱。この間、退位を認めるかどうかをめぐり宮内庁と首相官邸の攻防があった。退位特例法についての有識者会議や国会の議論、皇位継承日程をめぐる折衝を経て、ようやく新しい元号の発表を迎えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます