東京電力グループと中部電力が折半出資する「JERA(ジェラ)」が1日、両電力の火力発電事業を受け継いだ。大手の基幹事業の本格統合は初めて。世界有数のエネルギー会社になった。燃料に使う液化天然ガス(LNG)の調達コスト引き下げを狙うが、「脱炭素」という逆風も吹く。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます