作家の三島由紀夫(1925~70)が、割腹自殺する約2年前に「現代青年論 “弱い父親”への反逆」と題したエッセーを残していたことがわかった。青年には自己処罰の欲求がある、青年は今も昔も「自分は決して人に理解されない」と信じている、などと三島独自の若者論が書かれている。5日発売の文芸誌「新潮」に掲載…

無断転載・複製を禁じます