九州電力管内で、太陽光発電業者らに発電を一部絞るよう求める「出力抑制(制御)」が時々起き始めている。九電が原発の稼働を続けたこともあり、昨年10月の初回はメディアが大きく取り上げた。出力抑制は他電力にも広がりそうだが、再生可能エネルギーの課題を研究する安田陽・京都大学特任教授は問題視しない。いったい、なぜか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます