早期発見が難しく死亡率も高い膵臓(すいぞう)がんを効率的に見つける新しい方法の臨床研究を、国立がん研究センター(東京都中央区)が10日から北海道で始める。札幌でがん検診を受けた人に協力を呼びかけ、採血した血液の一部を利用する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます