大阪湾に浮かぶ人工島の開発をめぐり、大手ゼネコン各社が動いている。2025年に大阪・関西万博の開催が決まった夢洲(ゆめしま)だ。カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致にも期待が高まるなか、地元の建設業界が気をもむのは大阪ダブル選挙の行方だ。五十嵐聖士郎…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます