確定した死刑判決の再審開始が認められた後に取り消された袴田巌さん(83)を題材に、岩波書店の月刊誌「世界」と「WEB世界」に連載されたジャーナリストの記事に、袴田さんの支援者の男性(73)がまとめた手記の内容と酷似した記述が複数あることがわかった。男性から抗議を受けた同社は「不適切だった」として男性に謝罪した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます