24時間営業の原則をめぐり批判を浴びたセブン―イレブンは、店主らとの「コミュニケーションの目詰まり」を理由に社長交代に踏み切るなど改革姿勢を強調しつつ、原則にはなおこだわる姿勢を崩さなかった。時短営業が本格的に広がるのかどうかは依然、見通せない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます