「まず1勝」。その言葉を繰り返し、習志野は第91回選抜高校野球大会で決勝まで駆け上がった。3投手の継投と堅守、粘り強い打撃で何度も逆転勝ちし、千葉に24年ぶりの選抜準優勝をもたらした。最後まであきらめずに次々と実力校を破る姿は、多くの球児を勇気づけた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます