児童虐待を描いた大ヒットドラマ「家なき子」に12歳で主演して25年。幼いころから大人の世界でもまれた俳優、安達祐実さん(37)は、自身も「無条件に愛情を受ける経験があまりない欠落感があった」と振り返る。いまや12歳の長女と2歳の長男の母。子どもとのかかわり方や、なくならない児童虐待などについて聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます