道路事業の調査をめぐり、安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相の意向を「忖度(そんたく)した」と発言した塚田一郎国土交通副大臣が5日、辞表を提出した。野党は、国直轄の調査に引き上げた経緯について真相解明を目指すと同時に、更迭を否定してきた首相に批判の矛先を向ける。統一地方選や参院選への影響を懸念する与党からも、発言を批判する声が出た。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます