レバノンのガッサン・ハスバニ副首相は6日、朝日新聞の単独取材に応じた。レバノン国籍を持つ日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者が保釈後に再逮捕されたことに対し、「国際的な投資家や投資機関にとって、日本の法律が実際にどう適用されるかがわかりにくい」と指摘。「法律があっても、国際的な基準に照らして理性的に適用されるべきではないかとの懸念がある」と述べた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます