体操の個人総合ワールドカップ(W杯)東京大会が7日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザであり、男子は谷川航(セントラルスポーツ)が計85・665点で2位に入った。昨年優勝の白井健三(日体大大学院)は3位。優勝はサミュエル・ミクラク(米)。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます