7日に投開票された県議選は、自民が現有の31議席を手堅く守った。一方で立憲は議席を5から3に減らして後退。夏の参院選で対決する両党の明暗が分かれた。投票率が過去最低を記録した中で、自民、公明両党の強固な組織力が際立った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます