日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の事件のニュースでは、ゴーン前会長がフランス政府に助けを求めたり、駐日レバノン大使らが勾留中のゴーン前会長を訪れたりしたと耳にします。妻のキャロルさんも、捜査当局にレバノンの旅券を押収されたものの、アメリカ旅券でフランスへ出国したと報じられました。2人とも複数の国籍を持っているとみられますが、こうした「重国籍」は日本ではあまりなじみがありません。いくつも国籍を持つというのは世界では普通のことなのでしょうか? 専門家の2人に話を聞きました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます