暖かい日差しの中で、ミツバチが花から花へと飛び回っている。日本自然保護協会の幸地彩子(こうちあやこ)さんは「ハチミツや刺すといったイメージの強いミツバチですが、私たちの生活を見えないところで支えている大事な生き物です」と語る。ハチのように体に花粉をつけて運ぶ動物は「ポリネーター(送粉者)」と呼ばれ、農作物など多くの植物の受粉に欠かせないからだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます