宮崎県の小さく新しいワイナリーが、パリのレストランにワインを出荷する準備を進めている。武器は仮想通貨の取引台帳にも使われる「ブロックチェーン」という技術だ。欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の発効で、ワインの関税はゼロに。輸入が増えるとみられるなか、新たな価値をつけ、本格的な輸出につなげられるかを探る。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます