罪を認めないと身体拘束が長引く「人質司法」からの脱却を求め、弁護士や学者ら1010人が10日、日本の刑事司法のあり方を変えるよう訴える声明を法務省に提出した。日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(65)が3回の逮捕で108日間拘束されたことで国内外の関心が高まったのを機に、賛同者を募った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます