身寄りがない生活保護の受給者を住まわせ、保護費を搾取する「貧困ビジネス」の温床とも批判されてきた無料低額宿泊所(無低)。厚生労働省は悪質な業者を排除したうえで、生活を適切に支援できる施設を半ば公的な「住まい」に位置づけ直すことをめざす。しかし、課題は多い。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます