大竹しのぶが酔いどれ主婦の絶望を笑いの中に漂わせる。かと思うと渇きに似た希望への反転。巧みな喜劇には悲しみがよく似合う。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます