東日本大震災から1カ月後、被災地を襲ったもう一つの災害があった。福島県いわき市を震源とする余震で山あいの土砂が崩れ、4人が亡くなった。その一人、高橋愛さんは当時、高校2年生の16歳。父久雄さん(64)はこの8年、娘の面影をずっと思い続けてきた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます