選挙公約で、女性の活躍を推進する政策やキャッチフレーズを目にすることは珍しくなくなった。今回の統一地方選前半の41道府県議選では女性の当選者が過去最多の237人に達したが、定数に占める割合は10・4%に過ぎない。女性の起業家からは政治の現状はどう見えているのだろう。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます