小型無人機ドローンによるテロや危険な行為を防ぐため、警察庁は飛行禁止区域を無許可で飛ぶドローンに妨害電波を発信し、制御できなくする「ジャミング(電波妨害)装置」の導入を決めた。妨害電波を発信するには電波法を所管する総務省の許可が必要で、装置を配備する警視庁は手続きを進めている。早ければ4月中の運用開始をめざす。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます