東京医科大の昨年の入試で得点を不利に下げられた結果、2回「不合格」となった女性(19)がこの春、国立大学の医学部に進学した。受験勉強に打ち込んでいた間、不適切な医学部入試が次々に発覚した。「悔しいけれど、結果は変えられない。医学部入試が変わるきっかけになってほしい」と願う。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます