北海道釧路市は、「四季の像」で知られる市のシンボル、幣舞(ぬさまい)橋(全長124メートル)の本格的なライトアップを始めた。工事費は約5900万円。観光客は増えたが、宿泊先としては人気がない釧路市街地。宿泊客を増やす「夜の新名所」として期待されている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます