安倍晋三首相は14日、東日本大震災で事故を起こした東京電力福島第一原発を約5年半ぶりに視察した。同原発が立地する福島県大熊町で被災者らとも交流したが、応援する議員について「復興以上に大事」と発言して辞任した桜田義孝・前五輪相に言及する場面はなく、復興のアピールに終始した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます