新入社員も高級外車を買っていた「バブル経済」(1990年)が崩壊した92年、「カード破産」が新語に。この言葉の生みの親とされる宇都宮健児弁護士は、当時債務に苦しむ人の支援に奔走した。「普通の会社員が108社から1億円以上を借り、月の返済が7、800万円に上る例もありました」…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます