パリ中心部にある世界文化遺産、ノートルダム大聖堂で15日午後7時(日本時間16日午前2時)ごろ、大規模な火災が発生し、屋根や尖塔(せんとう)が燃え落ちるなど甚大な被害が出た。仏メディアによると、当時は改修工事が行われており、その足場付近から出火した可能性があるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます