緑郎は意気揚々とした顔つきで、夜会が盛りあがるボールルームに戻った。バンドの奏でる音楽が高鳴り、客たちの笑い声も大きく響いている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます