遺伝子を改変できる技術「ゲノム編集」を人間に応用する研究について、世界保健機関(WHO)の専門家会議が、世界の研究を登録する制度の創設をWHOに求めました。制度を設けることにどんな狙いがあるのか。3月にスイスのジュネーブで開かれた会議のメンバーである加藤和人・大阪大教授(医学倫理)に聞きました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます