原発から出る使用済み核燃料を保管する「中間貯蔵施設」について、関西電力に「県外」での建設を約束させた福井県の西川一誠知事が7日の知事選で敗れた。関電の原発が立地する3町には敷地内での保管を容認する声もある。杉本達治新知事が、どんな姿勢を打ち出すかが注目される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます